処女膜再生でコンプレックスも消える|自信が復活します

二種類ある

案内する女性

縫合して処女膜再生を行なうのですが、この方法は基本的に二種類に分かれています。プチ整形手術と縫合手術ですが、どちらも特徴があるのでそれを見極めて自分に合うものを選びましょう。

もっと見る

理解を深める

お尻

処女膜がないということは、女性にとってはコンプレックスとなることもあります。いつまでも処女だと社会経験がない、精神的・性格的に欠陥があるのではないかと思われてしまうため、早く処女喪失したいという人もいます。しかし、処女膜が失われているということは、イコール性経験があるということ、そういった認識はまだまだ根強いので、遊んでいるのではないかと思われてしまうこともあるのです。こういった認識があるため、処女膜再生を願う人はかなりの数います。処女膜再生は実は婦人科形成で施術することができるので、多くの人がクリニックを訪れています。膜といっても単なるヒダなので、何かの拍子にそれが広がったり破れたりするというだけのことなのです。そのためヒダを手術で作ることができるので、処女膜再生は可能といえます。

多くの人が理解すべきことなのですが、処女膜はなにも性交によって破れるわけではありません。激しいスポーツを日常的に行なっていた人は、その影響で処女膜が破れることがあります。そして、処女膜の形によっては破れた感覚がなかったり、出血しなかったりするので処女膜が破れているのではないかと思われてしまうこともあります。処女なのに処女膜が破れた感覚がないとなれば、パートナーから疑いの目をかけられることもありますし、理解があっても「やはり自分だけと性交渉したという実感がほしい」ということで処女膜再生を頼まれる場合もあります。そういった人のために処女膜再生は婦人科形成で行なわれていますので、どのように行なうのか知っておくと良いです。

お金の計算

悩むレディ

処女膜再生手術にかかる費用については、事前に相場を知っておきましょう。安いところが良いというわけでもありませんが、準備のために比較しなければいけませんので、カウンセリングを複数受けても良いです。

もっと見る

クリニックの確認

下半身

クリニックの設備を確認することも、処女膜再生をするクリニック選びに関して大事なこととなります。デリケートな手術となるので、スタッフや医師の技術力や対応力をみる必要があります。

もっと見る