お金の計算|処女膜再生でコンプレックスも消える|自信が復活します

処女膜再生でコンプレックスも消える|自信が復活します

お金の計算

悩むレディ

実際に処女膜再生手術を受けようと決心したら、費用の準備をしておかなければなりません。費用の心配をしなければいけない理由としては、処女膜再生手術は自由診療になるため、保険診療よりもお金がかかってしまうからです。怪我や病気に関しては日本は皆保険制度を実施している国なので保険で費用の一部が賄われます。そのためお金のことはあまり気にせずに病気を治療することができるのです。しかし、美容整形や歯科の一部の施術などは生活の質を向上させるための施術で、施術をしなくても特に状況が悪化するものではないと判断されるのです。怪我など不意の事故で処女膜が破れた人が処女膜再生手術を受けることに関してもこれは言えることで、処女膜は破れていても問題はないものなので、手術は自由診療とみなされます。

そのためプチ整形手術で処女膜を蘇らせようとする手術でも、かなりの値段がかかってきます。プチ整形手術では2、3針縫合を行ないますが、それで20万円程度はかかりますので注意です。縫合手術やレーザーでしっかり処女膜を形成したいのであれば、30万円が相場となるので、事前に費用のことは計算に入れておきましょう。そして、これは処女膜再生手術のみの費用であり、他にも別途追加されることもあります。手術では麻酔をすることになりますが、この麻酔は別途計算されるクリニックもあるので、内訳も把握するべきです。手術後の出血に関しても、アフターケアするためのナプキンやショーツは用意しなければなりません。カウンセリングは無料となっていることも多いので、経費のこともじっくり考えるためにカウンセリングはいくつ受けても良いといえます。