二種類ある|処女膜再生でコンプレックスも消える|自信が復活します

処女膜再生でコンプレックスも消える|自信が復活します

二種類ある

案内する女性

そもそも処女膜とは膣の入口付近にあるヒダのことを指しますが、これは膣や子宮のように生物学的になにか働きがあるものではないです。そのため破れてもなんら問題はありません。しかし裂けてしまっている状態なので、処女膜再生手術を行なうためには、その裂けた部分を縫い合わせることになります。基本的には縫合手術となりますが、最近ではプチ整形手術も行なわれていて、とても簡単にできるので注目されています。縫合手術であっても一日で手術は終わるので、どちらも身体的な負荷はかからないのが特徴です。どちらが良いかをカウンセリングでも説明されるので、自分がやってみたい方法を選ぶようにしましょう。要望によって選ぶ処女膜再生手術が変わることがあるので、カウンセリングをしっかり聞くようにすることが推奨されています。

プチ整形では数カ所のみを縫合して終了です。そのため痛みも少なく、ダウンタイムも短いという特徴があります。数カ所のみを留めていたとしても効果は十分なのですが、中には出血しない人もいます。しかも、糸が体内に吸収されてしまった後は元通りになってしまうので、早めに性行為を行なう必要が出てきます。それでも良いという人はプチ処女膜再生手術でも良いでしょう。一方、縫合手術での処女膜再生はきちんと裂けた膜を縫い合わせることになるので、効果も持続します。糸を使うのが一般的ではありますが、レーザーを使うクリニックもあるので、糸が不安な人はレーザーを使うクリニックを受けるといいでしょう。しかしこの縫合手術の場合ダウンタイムが長いので、手術後一ヶ月は性交渉をしないようにしなければいけません。